生い立ち

セネガルの首都ダカールに生まれる。幼時に母方の父、叔父でグリオのゲウェル・ンジャニからサバールを学び、後にジェンベをダンサーから独自で学び、演奏するようになる。

活動歴

セネガルのダンス・カンパニー「タムタム・ダフリック」を経て、セネガル第2国立舞踊団「シノメウ」のソリストを務め、アフリカ諸国をはじめ欧米で数多く公演。ワークショップも主宰。パーカッションのみならず、母国では自己のグループ「ニンキナンカ」「Deeg(ドゥグ)」でシンガー、コラ奏者としても活動。

2001年に活動拠点を日本に移し、各地の学校コンサートなどで演奏活動を行う一方、自己のグループ「Nioun(ニュン)」を結成。2003年以降は、渡辺貞夫グループのメンバーとしても活動。

2003年 - 「Wheel of Lifeツアー2003」以降、渡辺貞夫グループの一員として国内外のステージで演奏。
2005年 - 愛・地球博では渡辺貞夫プロデュースの「ジャパンデー・ジャパンウィーク」(6月)、「リズムワールド」(8月)にて、来日したDeegのメンバー15名を交えて世界4ヶ国の子供たちと競演。
2008年 - 第1回野口英世アフリカ賞の記念晩餐会で自己のグループを率いて演奏。
2009年 - 第20回南郷サマージャズフェスティバルに渡辺貞夫グループの一員として出演。
2010年 - APEC関連イベント、「女性リーダーズネットワーク(WLN)」のフェアウェル・パーティーで和楽器「太古の響き」などの演奏を披露。渡辺貞夫グループとしての活動のほか、自身のライブも行い、ジェンベ、サバール、ソウルバ、トーキング・ドラムなどのワークショップを主宰し、後進の指導にもあたる。

Wikipediaより引用






ドラムの一哲くん、マネージャーとお世話になってる宮本さんとツアー中の貞夫さんの誕生日!まっちゃげのお友達からのバースデーケーキ移動中にマネージャーと生徒さんが作ったバースデーケーキ貞夫さんおめでとう!いつまでも元気でね!保土ヶ谷でのライブ本番終了後みんなとピアノのあきらさんとベースのコモちゃんとおめでとう!ベストショット!